おたま

鍋のシメにうどんとか、ラーメンを入れる事と思います。

お腹いっぱいだけど、出汁たっぷりのスープに投入された麺は格別です。ついつい手が伸びてしまいます。

あなたのその食欲を叶えてくれるのはお玉。オタマです。
こいつがむちゃくちゃ問題…

いままでは、あんなに活躍していたのに、もうオタマ無しじゃ生きていけないくらいだったのに、麺についてはでくの坊に成り下がってしまうから驚きです。

オタマで麺を救おうとするんですが、麺のほとんどは半分もオタマにのらず、落ちてしまうのでふ。

麺の重心がオタマにいないからなんですが、麺は長いので重心をとても掴みづらいのです。

少なくとも全長の半分はオタマに乗っていないと、持ち上がりません。

悪いことに鍋のスープに浸かっているので、浮力が働き、重心を掴むには長く厳しい鍛錬が必要になります。

素人が甘い考えですくおうとすると、危険な高さで危険に落下し、ヤケドしてしまうんだぜ。

あれほど皆から支持され、老若男女から人気を独り占めしていたオタマが、手のひらを返して凶器となり、人々に襲いかかるのです。

楽しかった食卓が、阿鼻叫喚、罵詈雑言の地獄絵図。

オタマと麺の相性は最悪です。
鍋のシメ用のオタマを開発しなければなりません。

やはり、パスタをすくう木のアレがいいと思うのです。
木の先端が丸くヒラぺったくなっていて、トゲトゲみたいなのがいっぱいついているアレです。

汁もすくえるように、ヒラぺったいとこを少し凹ますといいかも。

開発しましょう!わたしに一千万下さい!!

冬もピークになりますから、鍋を啜ることも増えるでしょう。わたしは皆さんが笑顔で食卓を囲む年末年始を願っているのです。