おれじゃない

今朝、出勤しようと自宅マンションのエレベーターにのったのですが・・・
そこで、事件が発生しました。

なんとクサいのです。
誰も乗っていないのに、ニオうんです。

オナラの臭いのようでした。
おそらくさっきまで乗っていた人がカマした一発です。
残り香です。

嫌だったんですが、もうエレベーターは動いてしまっているのでチクショーという気持ちで我慢。乗っているときにこいたのか、降りる直前にこいたのか考えました。

乗っているときにこいたとしたら、エレベーターの中にいる時間がそれなりに長くないといけないはず。
すぐ降りるようなら乗る前にカマすでしょうし、降りるまで我慢する事も出来るでしょう。

ただ、5階建てのマンションなので、最長でもそれほど長くないはずです。短い時間に密室で屁をこくのだとしたら、気遣いとか我慢とか何も考えない無神経なやつだという事です。

降りる直前にこいたとしたら、確信犯です。
次に乗る人に残り香を食らわせようという愉快犯です。
こんなやつと同じマンションに住んでいると思うと、寒気がしますのでこの方向はあまり考えたくありません。

おそらく、自宅で屁をこけない事情があって、ずーっと我慢していたのが、エレベーターに乗って一人になった瞬間にリラックスし、漏れ出したというのが平和的想像のように思えます。

自宅で屁をこけない事情を考えてみると、やはりガス爆発の危険でしょう。朝起きたら、子供のいたずらでガス栓が開きっぱなしになっていて、部屋中に空気が充満していたので、あわてて換気しつつ、

「今屁をこいたら濃度がましてやばい事になるんじゃないか。もう会社に行く時間だし、それまで我慢するか。」

と思案したのでは。
そういう事なら、密室での事件は事故へと認識が変わり、寛大な心で許しを与えられる気がしました。

そんな不毛な事を考えながら1階つくと、高貴なオーラを漂わせるマダムがエレベーターを待っていました。
明るい笑顔で僕に「おはようございます」と投げかけるのですが、このあと彼女はエレベーターの中の状況をしるや僕に殺意を向けるかもしれません。

orz