オペレーター

きゃりーぱみゅぱみゅの曲を聞いていて思った事です。

「この人に楽曲を提供しているのは中田ヤスタカという人なんだー。この人1980年生まれで若いなぁ。Perfumeにも楽曲を提供しているのかぁ。提供された楽曲でパフォーマンスする。という事は、きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeはオペレーターじゃないのかな?パフォーマンスできる魅力あるオペレーターという事か!?ところでPerfumeってパヒュームと書かずにPerfumeの方がしっくりくるなぁ。」

昨今、日本ではビジネスプロセスアウトソーシングが盛んです。
どれだけのオペレーション業務を外注出来るかで、コストの切り詰め・利益率の改善に影響が出ます。

BPOと呼ばれるこの流れにのるためには、ビジネスを見直し、細分化でし、簡易的な作業を区分する必要があります。
簡易的な作業は、誰にでもやりやすいので外注しやすく、改善のスピード化も図る事が出来ます。

BPO化でオペレーターとして働く人々は、簡易的な作業の為やりがいを感じにくく、仕事の衛生上、不健全だと思われてきました。

しかし、きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeをみていると、オペレーターにも可能性があると思わされます。

プロデューサーやディレクターが楽曲を作り、世界観をデザインし、プロモーションも仕込みます。それらに従ってパフォーマンスするのが、アイドルというわけです。
SMAPだってAKB48だってオペレーターと言えるのです。

彼らがすごいのは、「かわいい」と「かかっこいい」などの容姿もありますが、会話やふるまいなどで「魅力的な人物」と感じさせる事が優れています。

中田ヤスタカ氏には、そういった魅力が無いので、自分ではなく別の魅力ある人を起用するのでしょう。

そう考えると、日の目を見ないと思われてきたオペレーターにも魅力的なパフォーマンスや人柄でスポットライトを浴びるかもしれません!

BPO下においてのパフォーマンスとはどういった事になるのでしょう。

電話で相手を喜ばせるトークをしたり、かなり丁寧な職人芸をみせたり、徹底的に愛想をよくしおもてなしをしたりという事になりそうです。

愛想・丁寧くらいならなんか出来そうな気もします。