カスタマーサポートを楽しくする

カスタマーサポートに電話すると、ヒトにつながるまでかなりまたされます。

自動案内もややこしくて面倒なのですが、

「担当におつなぎいたします。しばらくお待ち下さい」

からが長いのです。

耳に心地よいリラックスムードのやさしい音楽が流れて、カスタマーにストレスなく待ってもらおうという姿勢はいいのですが、その音楽を5,6回も聴かされるとイライラしか残りません。

最初はそれほど怒っていなかったカスタマーもだんだんと怒りが積もり、穏やかだった表情が苦悶にゆがんだ後、怒髪天へと変貌していくのです。

カスタマーもそうですが、コールセンターの人たちがかわいそう・・・

そこで、待ち時間を有効にするアイディアを思いつきました。

「担当者におつなぎしますが、その間に聞く内容をお選びください」

という自動案内を流し、

「壇蜜による官能小説音読をご希望の方は1を。
ミスチルの最新ナンバーをご希望の方を2を。
立川志の輔の死神をご希望の方は3を。
稲川淳二の怖い話をご希望の方は4をお選びください。
各コンテンツが終わりましたら、再度このアナウンスとなりますので、別のコンテンツもお楽しみいただけます。
なお、当コンテンツは今月のみとなっておりますので、お聴き逃しなく!
来月は、年始に役立つ一発芸特集となっております。
ユリゲラーのスプーン曲げ講座とデビットカッパーフィールドの神隠し講座と引田天功の大脱出講座とdaigoのメンタリスト講座を予定しております。」

という感じはいかがでしょうか。
少々お金はかかりますが、カスタマーがイライラしませんので落ち着いて話をすることができ、問題処理時間が短くなり、年間10億円くらいの効率化が見込まれるでしょう。