シンデレラ

ガラスの靴の機能性を考えてみたいと思います。

印象としては、硬いので痛そうです。ガラスなので滑りやすそうだし、割れないように神経質になりそう。
蒸れるので臭そうでもあります。

透明なので、足の手入れも油断なりません。
こんな靴のどこがいいのでしょうか。

機能性を高めたガラスの靴を考えてみたいと思います。

まず、ガラスの靴とだけ言っているので、なにもハイヒールにこだわらなくていい事にしましょう。

ヒールが高いと滑りやすそうなので、サンダルみたいなデザインにします。

サンダルは靴なのか?という議論がありそうですが、機能性を高めるためには致し方ありません。

ガラスという材質を選んだまじょが全部悪い。

サンダルちっくなデザインだと、爪先とかかとが空いているので、通気性はまずまずでしょう。

足の甲を覆うバンドの部分には細かな穴を開けることにします。底の方にも穴をあけて、風通しをよくしましょう。

靴の裏にはギザギザのデザインで滑らないように工夫します。

ガラスには色をつけて素足を隠せば、神経質になりすぎません。

痛そうという問題をクリアするためには、硬度を下げなければなりません。これはかなり問題。

ガラスを柔らかくするには、発想を変えなければなりません。

つまり、ガラスの粉を使うのです。

例えば、粉末まで細かくしたガラスを箱の中に溢れるくらい入れると、フタを閉める時に弾力を感じるはずです。

これをバンドの部分に使います。

アーチ状の箱がバンド代わりになって内側に弾力を持たせます。

分かりにくい!という方はしょうがないので、スポーツシューズデザインのガラスの靴の中にガラスの粉を敷き詰めて履いてください。粉まみれになりますが、痛みは和らぐと思います。

ガラスの靴を履いて踊るためには、これくらいの機能性は必要だと思います。

しかし、こうまでして履いたガラスの靴は、王子様を射止める事が出来るのでしょうか?!

シンデレラと魔女の大変な努力を伺い知ることが出来ました。