スペースの問題

スペースの問題です。
スペースが広い方が、行動の自由が大きくなり、幸福を感じやすくなります。

家の中から不必要なモノを捨て去り、幸福を味わいたい…

昔から買い集めているCDを人にあげるなりして処分しようか、迷っています。

デジタル化してしまえば、もう使わないので、家にあっても仕方ないのです。

僕の場合、CDの保管方法はケースを捨てて布の袋に入れます。

ジャケットを入れるのに手間取りますが、5分の1くらいスペースを縮める事ができます。

おかげでかなりコンパクトになったのですが、CDへの愛着も薄れてしまったかも知れません。

この勢いで処分すると、心の乾いた冷たい合理主義人間になりそうです。

愛着がなく、機械的に物事を判断する人に…

人間らしくあるために無駄を少し残すべきか、幸福を手に入れるために捨てるべきか?!

スペースVS愛着の戦いです。

こうしたものはまだ他にもあって、10得ナイフとか小学校のときに工作した箱とか、世界の通貨とか、展覧会の図録などなど。

どこかで決断すると、かなり前進する気がします。そして、もう買わない主義に走りそう。

家の中は最低限のモノしかなくなりますが、僕の行動範囲は今と変わらずソファの上だけという事も予想されます。

それだと意味がないので、置いとくべきか…

こんなに悩んでも、ウチは子供のモノで溢れかえるのですが。