ワタシはいったい何のために存在するのか?

脱力感があり、ヤル気が起きません。
何をするにしても、エネルギーが湧いてきません。

そもそも、そのやるべき事は本当にやらなければいけない事なのか?
ワタシの人生にとって、どんな意味を持つのだろう?
ワタシはいったい何のために存在するのか?

などと考え始めてしまって、ついには涅槃の境地に辿り着いて横になり、翌朝を迎えてしまうのです。

そこで、意味のある事と無い事を考えてみました。
まず、「生きる」という事に意味はあるのでしょうか。

この世の中にはいろいろな生物が「生きて」います。
しかし生きているからといって、何か生みだしたりしているわけでもなく、一言で言うと「バランスを保っている」という事になりそうです。

食物連鎖などがまさにそうで、バランスを保っていない「人間」は異端とされています。

バランスを保つなら、みんな居なくても同様なので、「生きる」事に意味はなさそうです。

あれ?
終わってしまいました。。。

あぁ、そうか、「意味」というのが邪魔していますね。

「意味」とは何かを考えなければなりませんね。
辞書で調べると「意図するところ」とあります。

意図する主体が存在しなければ、意味はないという事になります。
個の生命として生きる意図は、子孫の繁栄なんですが、全体でみるとやっぱり主体がありませんから意味は無さそう。

あぁ、そうか、だから「カミ」を作ったんですね。さすが人間。

考えてみても生きる事に意味はなさそうだし、あらゆる言葉が生きる事に意味付けしている為にあるような気がしてきました。

だからといって死ぬのは嫌だし、痛いのは嫌です。
誰かに嫌われるのも嫌なので、迷惑をかけないようにしなければなりません。

そーすると、やらなければならない事は、自分の生き方を出来るだけ良くする為と理解できます。

出来るだけ良くしたい!という想いがエネルギーに変わると考えると、今僕は出来るだけ良くしたいと思っていないという事になり、今のところ満足しているという事にもなりそうです。

あら?それほど悲観する事でも無さそう。

でも、しばらくすると現状に飽きてしまって、また良くしたいと思うんでしょうね。それを待つ事にしますかねー。