勉強している人

ファストフード店で勉強している人を見かけます。
僕はファストフードの環境が勉強するのに適しているとは思えませんが、割と後を絶たないところをみると何か秘密があるのかもしれません。

勉強しづらいと思われる点では、

店内がうるさい
さまざまな人がいて気が散る
食の誘惑
座り心地が悪い
慌ただしい
お店の回転率を悪くしている罪悪感

などがあります。
自分の家もまぁまぁ誘惑があるので外に出たい気持ちは分かるのですが、図書館の方がよっぽどいいのでは?

あえてやりづらい環境で勉強するのは、どこでだろうと勉強出来るように訓練しているのかも知れません。

社会に出ると自分の意思で勉強しなければならず、何をどう勉強すればいいのか分からなくなる事が多々あります。

そんな社会に適出来るように、まずは環境に慣れようとしているのではないでしょうか。

そー考えると、ファストフードに慣れた彼らが次に向かうのは、回転寿司か焼肉店かも知れません。

環境的にはファストフードよりも厳しく、店員からも怒られそう。

しかし社会に出ると、怒られながらも勉強する事はよくあるので、そんな事にへこたれてはいけません。

いつかはスーパーやスポーツ洋品店やアミューズメントパークで勉強するのでしょう。

ならばあえて勉強しづらい勉強部屋を作ってあげたい!
社会を模した空間ににしてあげたい!

上司や後輩に呼ばれたり、チャットが立ち上がったり、人間関係でもめたり、売り上げ目標の危機に見舞われたり…