回転とジャンプ

安くて味もまぁまぁとウワサの回転寿司に行きたかったので、一念発起して向かいました。
少し混んでるところもあって、30分かかりました。
ついてみると恐ろしく並んででいたので、そのまま引き返して別の寿司屋に行く事に。
ところがそこも並んでいます。
どーしても寿司という気分でも無かったけど、無性に無念な気持ちになりながらファミレスへ。
回転寿司行くなら、1730から1930の時間は避けるべきと悟りました。
それにしても、人はなぜ回転寿司に憧れるのでしょう。
以前、回転を超える食べ方を考えたのでメモしておきます。
回転に対抗するにはジャンプです。寿司に対抗するには焼肉です。
ジャンプ肉です。
テーブルの四隅に大砲があって、それぞれ牛、鳥、豚、野菜と分けられています。
そこからランダムにたん塩だのカルビだの豚バラだのが飛んで来ます。食べたい肉は選べません。ランダムです。
ストップボタンを押さない限り、どんどん肉が飛んできます。ハードボイルドでスリリングな野獣にふさわしい食べ方。
実現には大金がかかり、成功はおそらくしない・・・
ところでファミレスは大変満足でした。