地獄の刑期

今朝、地獄にもいろいろあると知り、地獄には行きたくないなぁと思いました。
悪い事をすると地獄に落ちるそうで、殺生はもちろん駄目なんですけど、僕らは虫とか動物を殺して食べたりしているので、地獄行きは確定のようです。
一番軽い罪でも刑期は1.6兆年で、罪人同士で殴りあったり、鬼にこん棒で殴られたりを骨がボロボロになるまで繰り返すのだそうです。死ぬとまたすぐ生き返り(すでに死んでいるので不思議な表現ですが)1.6兆年にわたってこれを繰り返すのだとか。
こ、こわい。。。
これから良い行いをしても、地獄を避ける事が出来るかどうか分らないですし、これからも食事をする以上、牛や豚や鳥や魚を殺してしまいますので、1.6兆年の地獄めぐりは確定のようなもの。
ちなみにその次に重い罪になると、13兆年もの間、鉄板で焼かれるのだとか。
さらに6段階の重い地獄が待っていたりします。飲酒も罪だそうです・・・まじかよ・・・
1.6兆年でさえ、軽い罪なのですから地獄は勘弁してほしいです。
いい行いが間に合わないなら、出来るだけ長生きして地獄行きから逃れる他なさそうです。
とはいえ、せいぜい100年くらいしか生きられないので、1.6兆年を意識すると屁みたいな長生きです。困った。
ほとんどの人間がこの業から逃れられないのですが、お釈迦さまはそこから救われるように悟りを開けといいます。
悟りを開くと救われるのだそうですが、原始仏教の悟りとは「全てを捨てる事」だそうで、家族でさえも捨てなければなりません。その覚悟はまだちょっとありません。
やはり長生きです!
そういうわけで、これから健康マニアになろうと思います!