子供から学ぶこと

子供は天才です。
すぐ替え歌するし、オリジナルダンスを創作するし、一発芸も豊富。

僕らも昔はこうだったのに、どうして才能を失ってしまったのでしょう。

壁に激突したり、ウンコシッコで爆笑したり、コチョコチョが大好きだったり。

ゴハンは汚く食べるし、女の子なのにパンツ丸出しだし、地面にすぐ座るし、洋服が汚れることに無頓着。

普通に考えると、恥ずかしいということを平気でやるから、天才なのかも知れません。

秩序やモラルを作った大人一般に対して、天才や偉人と言われる人たちは往々にして、変人と言われる奇行を繰り広げていますが、このポイントが子供の才能と共通しているのかも。

つまり、マナーとか格好とか守ることで大人ぶろうと背伸びするのではなく、子供っぽくいることが出来れば、才能豊かにいられるのかも知れません。

子供は物覚えが早く、何でも習得してしまいますから、不可能はないように思うこともしばしば。もし、子供の能力を身につけられれば、社会が楽しくなるでしょう。

我々は早速子供から学ばなければなりません。周囲から変人と言われても、子供の真似をすべきです!

ウンコウンコウンコーっっっ!!ぎゃはははは!!チンコチンコチンコォォォォッッ!!
ブーーーーッ!!ペンペンポーォ!!あのさーふんーっ!うんとさーフンーッ!ピョーン!ピョーン!!