早起き

偉い人は朝が早いのだそうです。
朝、5時に起きたり4時に起きたりするのだそう。

朝起きて運動したり、自分の趣味に没頭したり、仕事をしたりと、やる事はさまざまですが、一人の時間を大切にしている事が伺えます。

誰にも邪魔されない一人の時間は、確かに大変貴重です。
クライアント・上司・同僚・部下・友人・家族・隣人・知らない人、かなり多くの人と社会形成しているわけですから、時間を作るのも簡単ではありません。

しかもインターネットのおかげでメール・LINE・FACEBOOKと、情報がどんどん飛び込んでくるので、注意も散漫になってしまいます。

朝は、みんなが寝静まっているので、電話もならないしメールも飛ばないしLINEも来ません。この時間を有効に活用するという事は、かなり理にかなっているのかも。

朝4時に起きるという事は、それなりに早く寝ているという事です。
世界の成功者は、1日平均4時間しか寝ないそうです。
12時に寝て、4時に起きる。これは厳しいですね。

せめて6時間は寝かせてほしい。そーすると、10時に寝て4時に起きるか11時に寝て5時に起きるかという選択になりそうです。
後者は割と出来そうな気もしますが、もうひとつ大事なのが禁酒です。

お酒を飲んだら5時どころか8時だって起きるのがツライ。
飲みすぎる体質からなんとかしなければなりません。

イチローが毎朝カレーを食べると言われていたように、成功者とそうでない人には、生活スタイルの違いがある事が分りました。人が寝ている間に活動して、酒を飲んでいる間に寝ていたのです。

才能とか経済力よりも生活スタイルなのだとしたら、少し真似てもいいかもしれません。

しかし理性はそう思っても、現実には朝5時に起きるなんてなかなか出来ません。目覚ましで一度起きても、明日からにするべき論を理性側が組み立ててしまうのです。

ならば、本能の力で理性を打ち負かすほかなさそうです。
たとえば、寝る前に水をガンガン飲みます。トイレに行きたくて目が覚めたときには朝5時という本能目覚まし。

上手く行くかどうか分りませんが、飲む水の量を調整して5時を発見する事は出来るかもしれません。

世界中のCEOにもお勧めしたいですね。おねしょしたらすいませんが・・・