神戸

今日は神戸に来ています。三ノ宮。
まぁ、数時間しかいないんですけど。
ところで、ホテルというのはただ寝るだけという価値観しか僕にはなくて、テレビでよくやる1泊数万円するホテルに泊まるというのが理解できませんでした。
そして今回、僕は理解しました。
一泊8000円もしないホテルで理解する事が出来ました。
それは、鏡です。
今回泊まったホテルには、鏡が多いんですね。
机の上に鏡が1枚。
通路に1枚。
お風呂に1枚という配置。
この設置場所が絶妙で、何かするにも自分で自分の姿をみる事になるんですね。
そうすると、自分の姿勢とか体系とか顔色とか、いかに腐っているかを確認する事になります。
そのたびに、キリリッとしたくなります。
そう、鏡が多い・あるいは大きいホテルというのは、自分を律する事が出来るホテルと言えるんです!
つまり豪華なホテルに泊まるのは、豊かになった自分を自分で確認する事が出来るんじゃないか!達成感を鏡を通してみる事が出来るホテルなんじゃないか!と思ったんですねー。
豪華なホテルに豪華な鏡があるかどうかは分かりませんが、なんとなくそんな気がしたのでした。