肉体

痩せたいと思うのですが、痩せてどのような肉体を目指せば良いのでしょうか。
さまざまな肉体を調べると、イメージ的にいろいろな肉体があることがわかりました。
肥満、細身、野生的な肉体、アスリートなどなど。
そして、知的な肉体と筋肉の塊みたいな肉体があることにも気がつきました。
例えば、細身だけども引き締まった筋肉が全身を張り巡らせ、背筋が伸びているような肉体は知性があります。
首の筋肉や脇の下の筋肉が大きくて、筋肉が必要以上に大きい肉体は塊みたいな肉体になります。
知的な肉体は、エグゼクティブや俳優など社会的地位の高いひとに見られる傾向があるため、知的と感じるのでしょう。
塊みたいな肉体は、アメリカ海兵隊とかプロレスラーとかに見られる傾向があるので戦う筋肉と感じるのでしょう。
僕が欲するのは「モテ」ですが、女性は戦う姿と知的な姿と好みの対象が異なるので、どのような女性にモテたいかが重要。
考え抜いた結果、それは「どちらも」という答えになりましたが、多くの人がそうなのでは。
ただし結果的に目指す肉体は、知的な肉体になりそうです。
なぜなら必要以上の肉体を作ったり、維持したりする時間がないし疲れるから。
たぶん多くの人がそのような結論を導き出し、知的な肉体を目指すのでしょう。
ターザンとか売れている筋肉雑誌もそのような肉体を勧めています。
しかしながら、こうして繰り出した理想的な肉体になる事は稀です。
なぜなら、筋肉によってイメージが異なるということは、筋肉はイメージなのです。
イメージのために筋肉をつけるよりも、別の手段でイメージを作れるのであれば、筋肉のプライオリティは下がり、努力しなくなるからです。
イメージは、髪型やメガネやファッションや立ち振る舞いでも変える事ができるのです。
いっそ「全裸でなきゃダメ」という法律を作れば、筋肉はファッションとなって、みんなが自然と目指すようになると思うのですが。。。
というわけで、痩せるために総理大臣を目指しますね。