自動販売機はなぜ喋る

自動販売機はなぜ喋るのでしょうか。

ジュースを買うと

「ありがとうございました」

と言うんです。
女性の声で。

女性の声で「ありがとうございました」と言われて僕は嬉しいのでしょうか。

相手はマシーンです。

言われないより言われた方がいい気がしますが、実際には何も感じません。

何も感じないけど、自動販売機メーカーは

「社長!やはり挨拶は大事なので自動販売機にも挨拶させて、他社と差別化しましょう!」

という事になったのでしょう。

最初は声が出ることに驚いたのかも知れませんが、今は慣れてしまいました。

慣れたから何も感じないのかも。

そーなると、もう少し人間味を出すように開発を進めなければなりません。

人間味を進めるなら、人型にしてしまうのはどうでしょう。

喋るマネキンがタッチパネルを持ってて、買うとリュック型保冷機から商品を差し出すシステム。

夜中は気味が悪いかも。

しかしそれにも慣れてしまうのでしょうから、さらに人間味を追求しなければなりません。

喋る、人型ときたら動くです。
さらにその先は、気配り。

こうして出来上がったのがコンビニというわけです(違うと思うけど)。

結局は人間ですね。