難しい話をするとカレーが食べたくなる

ゲームをする体力が無くなってきた気がします。
自分の中の若さが無くなる事は嫌なので、あらがうようにグランドセフトオート4をもう一度プレイしています。
が、なかなか進まないです。やっぱり体力が・・・
ラスト オブ アスというゲームが気になり、買おうかと悩みましたが、多分、暇も体力もないので有名動画サイトで見てみることにしました。
そーすると、ドラマ的に見て楽しめる事が分かり、アリだなと感じました。
でも、自分で体験するわけではないので、ドキドキは半減です。というか、ドキドキしないっす。
映画やドラマと違うのはゲームオーバーがあるところで、その点はスリルがあります。
ただ、やり直しを見るのは面白くないんですけどね。
逆に考えると、ゲームは映画やドラマの疑似体験版とも言え、進化したメディアなのかもしれません。
ともすれば、ソーシャルゲームなどは一人一人が役者であり、まるでシェイクスピアの「お気に召すまま」に出てくるセリフ、「人生は舞台であり、人々は役者である」的な予言は的中しているといえそうです。
映画マトリックスやトゥルーマンショーで主人公は作られた世界で演技させられていた事を知るのですが、虚栄と知りながらソーシャルゲームの世界にのめり込み、現実を忘れようとする現在で彼らが目を覚ますことはあるのでしょうか。
そしてこの世界で役者にさえならず、動画サイトで役者たち(ゲームをする人)を見ている僕に救いはあるのでしょうか。
なんだが難しくなってきました。
要するにお腹がすいた。カレーが食べたい。誰か美味しいカレー屋さん知りませんか?ということです。