時計

MTGや打合せなどで、腕時計をみて時間を確認する上手い方法が知りたいです。
時計を見るという行為は、早く終われよ感が出てしまうので、相手に不快感を与えてしまう恐れがあり、慎重に行わなければなりません。
時計を見て時間を確認し次の行動に備えたいわけで、アクビと違って必ずしも相手の話が面白くないわけではありませんが、相手には、
「早く切り上げたいな、と思っているのだなっ!」
と思われてしまうのです。
ディズニーランドには時計が無いと言われていますが、会議室には時計必須です。
ただ、私の会社の会議室の時計はみづらい・・・(私が買ったのだけど)
そこで腕時計をチラ見するワザを身に付けなければなりません。
例えば、「顔を少し触る仕草をして時計をチラ見する」というワザがあります。
この行為では手の甲で顔を触れる必要があるので、アゴあたりを手の甲でなでると自然に見えます。そして手の甲が少し顔から離れる刹那、時計を素早くみるのです。
「それから机の下でチラ見る」というワザ。
これはもっとも一般的で、メモを取るフリだったり考えるフリをしながら時間確認できるので便利です。
僕が良く使うのは、「相手の時計を見る」というワザ。
相手の腕時計を素早く見るのですが、反対側からみる事になるので、時間を読み取るのに頭を使います。
頭を使って読み解く楽しみもあり、相手に不快感を与えないように会話も途切れる事が無い為、大変有効なワザです。
こうしたワザをもっと体得したいので、他にあるよ!という方が居たら教えてくださいっ!

肉体

痩せたいと思うのですが、痩せてどのような肉体を目指せば良いのでしょうか。
さまざまな肉体を調べると、イメージ的にいろいろな肉体があることがわかりました。
肥満、細身、野生的な肉体、アスリートなどなど。
そして、知的な肉体と筋肉の塊みたいな肉体があることにも気がつきました。
例えば、細身だけども引き締まった筋肉が全身を張り巡らせ、背筋が伸びているような肉体は知性があります。
首の筋肉や脇の下の筋肉が大きくて、筋肉が必要以上に大きい肉体は塊みたいな肉体になります。
知的な肉体は、エグゼクティブや俳優など社会的地位の高いひとに見られる傾向があるため、知的と感じるのでしょう。
塊みたいな肉体は、アメリカ海兵隊とかプロレスラーとかに見られる傾向があるので戦う筋肉と感じるのでしょう。
僕が欲するのは「モテ」ですが、女性は戦う姿と知的な姿と好みの対象が異なるので、どのような女性にモテたいかが重要。
考え抜いた結果、それは「どちらも」という答えになりましたが、多くの人がそうなのでは。
ただし結果的に目指す肉体は、知的な肉体になりそうです。
なぜなら必要以上の肉体を作ったり、維持したりする時間がないし疲れるから。
たぶん多くの人がそのような結論を導き出し、知的な肉体を目指すのでしょう。
ターザンとか売れている筋肉雑誌もそのような肉体を勧めています。
しかしながら、こうして繰り出した理想的な肉体になる事は稀です。
なぜなら、筋肉によってイメージが異なるということは、筋肉はイメージなのです。
イメージのために筋肉をつけるよりも、別の手段でイメージを作れるのであれば、筋肉のプライオリティは下がり、努力しなくなるからです。
イメージは、髪型やメガネやファッションや立ち振る舞いでも変える事ができるのです。
いっそ「全裸でなきゃダメ」という法律を作れば、筋肉はファッションとなって、みんなが自然と目指すようになると思うのですが。。。
というわけで、痩せるために総理大臣を目指しますね。

お祭りで困るのは、食事

お祭りに行ってきました。
行ってきて、考えた事があります。
お祭りで困るのは、食事です。
お祭りは夕方から始まるので、夕飯をそこで済ませる事は珍しくありません。
しかし毎度そうしていて満足した事はありません。
満足しない事を知っていて、そうしてしまいます。
お祭りの飯は、高いし不味いのです。なのに買ってしまう。
買ってしまうというか、そこで買うしかないと思わせる作用があります。
まず、味のわからない子供がアレを食べたいと言います。
出店はいくつかあるので、いろいろと見て回れば1つくらいいい食事にありつけるだろうと、歩き始めます。
途中途中で、子供がクジやゲームをしたがるので、そこで体力が奪われ、歩き疲れて、そろそろ飯を手に入れてどこか座れるところで落ち着きたいと思い始めます。
そうして判断力も落ち(そもそも何を選択したとしても同じ不満足になるのですが)、現在地から近いところで買ってしまうのです。
食べてくるとか、食べる頃に帰るとかありそうですが、子供の一言から全ては始まるのです。
考えてみると、料理人もバイトの高校生とか普段料理とかしないオッサンだし、食材は安いモノを大量買いしているはずなので、不味い要素しかありません。
これは如何なものか。
一流のシェフや一流の食材を使えばいいのに!そうしたらお祭りはもっと楽しくなるのに!!
と、思ったのですが、仮に道場六三郎本人が焼いたの焼き鳥が売られたとしても、紙コップに5本入りでタレが底にたまってしまっている状態だと美味しいと思えるのでしょうか。
やはり、和の陶器や高級竹串を使って、高級お箸で頂かないと美味しいないはず。
いやいや、もし仮に道場六三郎の焼きたて焼き鳥を高級食器で食べたとしても、子供が走り回ったり、砂埃が上がったり、音楽が乱暴に調整された音響から流れる空間で食べるのは、如何なものでしょう。
やはりココは、高級なテーブルと高級なイスのある個室で落ち着いて食べたいモノです。
お祭りの食を考えると、このようなカタチになりました。
そう、ただの実店舗です。
お祭りは不味くても高くても不満足でも、それを含めた雰囲気を楽しむモノなのでしょうね。

アクビ2

昨日、アクビが出てしまう事を、相手に悟られないようにするという話をしましたが、なぜアクビが出るかというと、相手の話がつまらないからなのではと思いました。
アクビは相手に「つまんないよー」という事をそれとなく知らせる合図なのです。
「あなたの話つまらないんだけど、それをダイレクトに伝えると傷つけちゃって二人の関係はこじれるから、別の方法でどうやって伝えたらいいか、考えた結果、アクビという形をとりました」
という事なのです。
つまらない話をしている人に
「つまらないから改善した方がいいよ」
というアドバイスであり、失礼どころか相手の事をしっかりと考えた表現方法だという事です。
同じ過ちを繰り返えして欲しくないという相手を思いやった行動なのです。
これを抑制していいものなのでしょうか。
抑制せず、相手に思いっきりアクビを見せて伝えきったほうがいいのではないでしょうか。
つまらない話をするその人は、そうと知らされなければ、同じことをいろいろなところで繰り広げ、世界中に睡魔を放つサターンと化してしまいます。
睡魔は人のヤル気を奪い、マイナスのエネルギーであるダークパワーを誘発し、人類を堕落させる恐ろしい悪魔です。
これと闘う為の手段がアクビに他ならなかったのです!
つまらない人には、どんどんアクビを放ちましょう。
もう、なんなら「お前の話はつまらんっ!」と言い放ちましょう!
そうして相手を思いやり、世界に平和を!!

アクビ

会議の時に、アクビが出る事があります。
アクビが出ると、同席している相手に不快感を与えてしまうので、なんとか抑えたい。でも、すっきりしないので、思いっきりやりたいという気持ちもある。
というわけで、どうしたらアクビを相手に悟られずに行えるか考えてみました。
口元が相手に見えなければいいので、隠すという方法が一般的でしょう。
手で押さえるのがメジャーな対処法だと思いますが、手を口元にもっていくだけで、見えなくてもアクビだと知られてしまいます。
下を向いたり、反対側を向くという手段もよく使われると思いますが、あまり長いと不自然。
相手と向き合っているのに、顔を隠すという事に無理があるようです。
そこで、大口を開けてもおかしくない流れを作りだすのはどうでしょうか。
例えば、アクビが出そうなときに
「そういえば、新選組の近藤勇って拳を口の中に入れる事が出来たんだって。やってみようぜ!」
と切り出せば、大口を開ける事に違和感はなく、拳を入れるふりして思いっきりできます。
あるいは
「ちょっと銀歯取れそうな気がするんだけど、見てれくれない?」
「のどちんこ炎症してない?」
「舌の苔を落としたつもりだけど、ちゃんと取れてるかな?」
などと、口の中を確認してもらうとか。
問題は、ちょっと涙ぐむところですが、そこは
「ありがとう。ちょっと感動しちゃった」
とかいえばいいのでは。
あと、マスクは分かりづらいので、有効だと思います。

なんでも売れる

なんでも売れる世の中のようです。僕の電子書籍とかラインスタンプとか小銭ですが売れてます。
超マニアックで下らない代物ですが、わかる人には分かるんですねー。
つまり分かる人には分かる世の中になったという事かもしれません。
分かる人が分かるものに出会えるようになっているわけです。
世界にはたくさんの人がいるので、分からないものを分かる人がいるのです。
分かるものを分からない人もいるという事。
僕の書いた本は、分かる人には分かる本なのか、分からない人にも分かる本んなのか。
自分では分かりません。
分からないモノを作ったとしても誰かにとっては分かる事かもしれないので、自分の中から生まれた分からない何かを分かる人に説明してもらいたいのですが、僕はその人の価値観が分からないかもしれません。
映画監督や小説家は、観客が意図しない解釈を歓迎するそうですが、そういう事かも。
ミネラルウォーターの味の違いが分かる人ってすごいなぁ

ティッシュには弾力があるんです

ティッシュは2枚重ねで出来ていますが、これ、20枚くらい重ねるとむちゃくちゃリッチになるのでしょうか。
小さいころ、敷布団を二枚重ねて寝て、すごく居心地がいいと思ったことがあります。
それと同じように、ティッシュも重ねれば重ねるほど気持ちいい気がします。
ティッシュが2枚重ねである理由は、
・破れにくくする
・使う面は表だけにする(裏は合わせる部分)
という事だそうです。
僕はこれに弾力を加えたいと思います。
そう!ティッシュには弾力があるんです。
20枚重ねるとどのようになるか、簡単に分かる方法があります。
まず、1枚取ってください。
これを折り曲げてください。これで4枚重ね状態。
さらに折ると8枚重ね。もう一度折ると16枚。
そして32枚と、20枚を一気に超えた体験出来ます。
32枚重ねくらいになると、紙ナプキンくらいの弾力があり、
64枚になるとコットンくらいになります。
128枚になるとかなり信頼できる何かになります。
ティッシュは重ねれば重ねるほどいい!という事です。
で、僕はこの感覚をあるモノにも応用すべきと思うのです。
それはお札です。お札は財布で重なります。
重なれば重なるほど、リッチな気持ちになりますが、リッチな感触ではありません。
せっかくリッチになるのだから、感触もリッチにしてほしいのです。
そうすれば、人々は感触を味わう為に銀行からお札を大目に引き出して財布に入れたがるでしょう。
そして消費が進み、経済が良くなるはず!
日本銀行券の素材をティッシュ20枚重ねで作る事を提案します!
意外と偽造もされにくそうでいいと思うですが・・・

チャック

ズボンのチャックがよく開いていて困っています。
ただそれ以上に困るのが、チャックを隠すカバーのような部位。布。
ユニクロのパンツは、この部位の縫製があまいのか、開いてしまう物が多い気がします。
つまりチャックを隠しきれていていないのです。
そーすると、ちゃんとチャックは閉まっていても、見た感じ恥ずかしい状態になるんですね。
多分見てる方も恥ずかしいはず!
ユニクロはあの部分をなんとかすべきですが、この事象によって分かったのは、チャックが開いている事が恥ずかしいのではなくて、チャックそのものが恥ずかしいという事です。
チャックは恥ずかしいモノだったのです!
ボタンとかマジックテープとかジップロックとか巾着とかがま口とかいろいろありますが、中でもチャックは恥ずかしいモノでした!
思い込むと、サイフのチャックも少し恥ずかしく見えてきます。
イヤイヤする小銭入れ部分を時にはゆっくり、時には荒々しく開けてやるその行為!エロい!!
やった事も見た事もないけど、パーカーの前身ごろを繋ぎ合わせるチャックには、裸体がよく似合います。エロいっ!!
股間をチャックではなくボタンかジップロックにしたらエロくなくなります。
しかしエロいのもいい!
やはりチャックはYKKだな。

フェイスブックのコメントに返信するボタン

フェイスブックのコメントに返信するボタンが、スマホからだと押しづらくて、何度もいいねしたり取り消したりしてしまいます。
この行動が相手にどのように伝わってるか分かりませんが、必死だという事です。
なんとか想いを伝えたいけど、二人の間には高い障壁があってそれを乗り越えてこそ、友情ないし愛だという事。
フェイスブック社もなかなか粋な計らいをしてくれるものです。
だとしたら、友情だの愛だのはいいから改善しろと言いたいのですが。
沖縄は台風のために各地で停電が起こっている模様。
停電中なのにこのコラムを読んでいる人がいたら本当に電池を損するのでいますぐ閉じてください。
もう終わりますけど。

コンダラ

アニメ巨人の星のオープニングソングの歌詞にある
「思い込んだら」
これを
「重いコンダラ」
と解釈し、整地ローラーの名前をコンダラだと思い込んでる人もいるみたいです。
と、思い込んでいたら、なんと整地ローラーの名前がコンダラでも通用するようになっていました!
https://ja.m.wikipedia.org/…/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%80%E3…
そしてこのような聞き間違いを「ぎなた読み」というそうです。
「弁慶が な ぎなたを持って」
からきたそうです。

Facebookで「診断」とか「続きを読む」など

Facebookで「診断」とか「続きを読む」などさせて、メールアドレスを抜くという輩が増えています。
もうね、これに怒りを覚えるんですね。みんなそうだと思うけど。
僕は、そうしたサイトは見ませんしやりません。
だって抜かれるんだもん!
そういうコンテンツを作るやつが、もう、本当にムカつきます。
どういう神経で作るのか?!
楽しもうという人の心を踏みにじり、メールアドレスを抜いては、情報商材とか1クリック詐欺的なサイトへ誘導するメルマガを送りつけ、そのうちの数パーセントが高額支払いを行う事を望んでいるのでしょうか。
あるいは、メールアドレスをうまく使って「なりすまし」を行い、友達にiTunesカードを買わせようという事なのでしょうか。
いずれにしても、「ちゃんと働け!」と思うんです。
メールアドレスを抜くスキルがあるなら、ちゃんと働けるぜ・・・おまえ・・・
お前のそのアイデアも良くないことだが、工夫に満ちていて見込みがあると思うのだよ。
実際に、人々はお前のコンテンツで楽しみ、拡散しているではないか。
お前のその手を悪事に染めてはならんのです。
お前は人を楽しませるセンスがあり、特定の情報にアクセスするスキルがあり、集まったデータを処理する知恵があり、そしてなにより、そのようなコンテンツを生み出す創造性に満ちているのだよ。
喜んでいる人を実は傷つけている、という行為の見返りは良くてもホンの数百万円なのではないか。
お前のその才能を善行に向ければ、数百万円くらいの年収はすぐに叩き出せると思う。
だから、ちゃんと働く方が効率的だし、賢いと思うのだよ。
しかし、わかっている。
お前は、お金に興味がないのだ。
アクセスしてはいけないと言われている、データの収集と処理にやりがいを感じている愉快犯なのだ。
お前は悪事に魅了されてしまったのだ。まともに人を喜ばせる事の快楽を知らずに。。。
いや、知っているはずだ。
お前のコンテンツで楽しんでいる人を知っているはずだ。
ただ、お前は純粋に楽しんでいる姿をみて、ほくそ笑み、
「また、1件メールアドレスが手に入ったぜ!」
と、そこしか関心がないというのが実に残念だ。
お前は人が純粋に楽しむポイントを抑えている。
抑えているのだよ。
これはすごい事なのだ。
誰にでも出来る事ではない。
お前が自身が純粋にその事を楽しむことができれば、「脳内メーカー」のような発展が待っているのだ。
あるいはお前のような悪事に手を染めている者と戦う事も出来る。
それは困難を極める難題だが、難しい問題ほど、お前はやりがいを感じるはずだ。
頼むから、ネットを悪に染めないでくれ。
水道に毒を入れているようなものだ。
お前の善行が世界を良くする事を祈る。