Facebookで「診断」とか「続きを読む」など

Facebookで「診断」とか「続きを読む」などさせて、メールアドレスを抜くという輩が増えています。
もうね、これに怒りを覚えるんですね。みんなそうだと思うけど。
僕は、そうしたサイトは見ませんしやりません。
だって抜かれるんだもん!
そういうコンテンツを作るやつが、もう、本当にムカつきます。
どういう神経で作るのか?!
楽しもうという人の心を踏みにじり、メールアドレスを抜いては、情報商材とか1クリック詐欺的なサイトへ誘導するメルマガを送りつけ、そのうちの数パーセントが高額支払いを行う事を望んでいるのでしょうか。
あるいは、メールアドレスをうまく使って「なりすまし」を行い、友達にiTunesカードを買わせようという事なのでしょうか。
いずれにしても、「ちゃんと働け!」と思うんです。
メールアドレスを抜くスキルがあるなら、ちゃんと働けるぜ・・・おまえ・・・
お前のそのアイデアも良くないことだが、工夫に満ちていて見込みがあると思うのだよ。
実際に、人々はお前のコンテンツで楽しみ、拡散しているではないか。
お前のその手を悪事に染めてはならんのです。
お前は人を楽しませるセンスがあり、特定の情報にアクセスするスキルがあり、集まったデータを処理する知恵があり、そしてなにより、そのようなコンテンツを生み出す創造性に満ちているのだよ。
喜んでいる人を実は傷つけている、という行為の見返りは良くてもホンの数百万円なのではないか。
お前のその才能を善行に向ければ、数百万円くらいの年収はすぐに叩き出せると思う。
だから、ちゃんと働く方が効率的だし、賢いと思うのだよ。
しかし、わかっている。
お前は、お金に興味がないのだ。
アクセスしてはいけないと言われている、データの収集と処理にやりがいを感じている愉快犯なのだ。
お前は悪事に魅了されてしまったのだ。まともに人を喜ばせる事の快楽を知らずに。。。
いや、知っているはずだ。
お前のコンテンツで楽しんでいる人を知っているはずだ。
ただ、お前は純粋に楽しんでいる姿をみて、ほくそ笑み、
「また、1件メールアドレスが手に入ったぜ!」
と、そこしか関心がないというのが実に残念だ。
お前は人が純粋に楽しむポイントを抑えている。
抑えているのだよ。
これはすごい事なのだ。
誰にでも出来る事ではない。
お前が自身が純粋にその事を楽しむことができれば、「脳内メーカー」のような発展が待っているのだ。
あるいはお前のような悪事に手を染めている者と戦う事も出来る。
それは困難を極める難題だが、難しい問題ほど、お前はやりがいを感じるはずだ。
頼むから、ネットを悪に染めないでくれ。
水道に毒を入れているようなものだ。
お前の善行が世界を良くする事を祈る。